本当は怖い市販シャンプーの実態とは

本当は怖い市販シャンプーの実態と副作用

市販のシャンプーは何が悪い?

 

現在日本では8割以上の方が市販のシャンプーを使っていると思いますが
市販のシャンプーがどれだけ危険で髪にも頭皮にも悪いのか

 

知らなすぎだと思います。
あれって毒を頭皮に塗っているようなものですよ?

 

 

なぜあんなにも安いのか?
なぜあんなにも泡立ちがいいのか?
なぜあんなにもサラサラになるのか?

 

ちょっと考えると不自然なことが分かると思いますが
すでに洗脳されている人たちはなんの違和感もなく
自身の頭を毎晩危険にさらしているのです。

 

 

最近ではシリコンが悪いといってノンシリコンのものが販売していますが
いやいや何もシリコンだけが問題なわけではありません。

 

 

添加物からそもそもの原材料自体がダメってことなんです。

 

 

使い続けるとどうなる??

 

もちろん行き着く先は髪がパサパサの痛みまくったおばさんや
見るも無惨にハゲ散らかしたおっさんです。

 

 

そうなるとまた痛んだ髪をケアする商品や育毛剤を販売して
永久的に搾取し続けるのです。

 

これが現実です。こんなメーカーの養分にならないためには
ちゃんと商品を見分ける目が必要です。

 

市販のものすべてが悪いわけではありません。
中には価格も良心的でまあまあな商品も存在します。