頭皮ニキビに効くシャンプーおすすめはこちら

頭皮ニキビの治療、医者の助言は本当に正しい?

私はもともとニキビができやすい体質で
思春期の頃には顔のニキビに悩まされました。

 

 

成人してからは顔のニキビはある程度落ちついてきましたが
それでも疲れやストレスがたまった時にはニキビとなって現れます。

 

 

そして30代を超えた今、新たに悩んでいるのが頭皮ニキビ

 

 

これまであまりなったことがなかったのですが
やはりニキビができやすい体質の人は頭皮ニキビにもかかりやすいそうで

 

 

一度かかるとなかなか完治はしてくれません。

 

 

 

 

病院に何度も診察に行きましたが
してもらうアドバイスはだいたい以下の通り

 

 

お酒を一滴の飲まないこと
運動など汗をかくことをしてはいけない
甘いものや辛いものなど刺激の強いものを食べない
無添加のせっけんシャンプーを使うこと
お風呂はぬるま湯で短時間でさっと上がること
睡眠時間をしっかり取ること

 

などでした。

 

 

お酒を飲まないとかシャンプーの選ぶ方など
努力次第でできるものもありますが

 

 

汗をかくことはダメっていうのは
はっきり言って無理ですよね。

 

 

汗をかいたり身体を温めるって
健康にとって絶対必要なことなんで

 

 

なるべく心がけて症状が改善したところで
何か別の成人病にかかってしまうでしょう。

 

 

この時、このお医者さんは物事を一面でしか見れていないんだなと思いました。

 

 

そして診察で一番ガクっときたことが
この体質は一生付き合っていくものなんで完治は難しいと言われたことです。

 

 

一生治らないとお医者さんに言われてしまうダメージは計り知れませんが
それでも何とかしようといろいろ自分で試した結果

 

 

自分に一番合っている方法を見つけました。

 

 

 

そもそもなんで頭皮にニキビができるのか?

 

 

頭皮は髪の毛で隠れて見えないですが
実は身体の中で一番皮脂の分泌が多い部分

 

さらに30歳を超えた男性にとって
皮脂は呼吸の二酸化炭素のごとく毎日あふれ出てくることでしょう。

 

 

個人差がありますが私も身体は乾燥肌なんですが
顔と頭皮だけは昔から脂性でした。

 

 

混合肌というらしいですね。

 

 

 

出てきた皮脂が酸化すると雑菌が繁殖してカビが生えたり臭いがきつくなってしまいます。
世の中のお父さん方が臭いくさいと忌み嫌われるのじはこのためです。

 

 

この皮脂の過剰分泌を防ごうと私たちおっさんは必至で毎日シャンプーをごしごししますが
それがかえって皮脂の分泌をさらに増やしていることも多々あります。

 

 

皮脂は何もおっさんを臭くするために分泌させているわけではありません。
頭皮を外的から守るためのバリアのために皮脂は存在しているんです。

 

 

なので脂が出たからとせっせと強い市販のシャンプーでゴシゴシ洗って
ばかりいるとバリアーを失った頭皮はばい菌が入りやすく

 

さらにはシャンプーの洗い残しが炎症を起こしたり

 

 

どんどん悪循環へと突き進んでしまいます。

 

 

頭皮ニキビのシャンプー対策といえば

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを適度に
ゴシゴシこするのではなく指の腹でやさしく泡を毛穴に浸透させる感覚で

 

洗い終わったらすすぎ洗いをしっかりと行う

 

 

まずはこれら基本的なことからやっていきましょう。